読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seventy-five O'clock Jump

毎日おもしろいこと書けるほど星のめぐりはよくないんですよ。

今月の1month_1music (2016.04)

1m1m

5月になってしまったけどこういうのは遅れてもちゃんとつけるのがだいじ。

実験レポートも論文もとりあえず書けたところまで見せるのがだいじ。

 

www.youtube.com

 

HALCALI - 今日の私はキゲンがいい

 HALCALIは『ストロベリーチップス』(2003年) あたりから覚えていなかったんだけど、こんなまったりでステキな曲を出していたとは。歌詞がとくによろしい。ちゃんとしたPVは YouTube じゃなくて youku にあったので気になる人は各自検索してください。すぐ出ます。(2012年『ハルカリノオカワリ』収録)

 

ユニコーン - はいYES!

 先月に引き続きユニコーンを聞いています。ロックなピアノっていいですよね。サビがハイエースにしか聞こえない、っていうか半分くらいそう言ってるけどいいんだロックンロール…… なんかの都合でフルのPVは YouTube にありませんがちょっとつつけば出てきます。(2014年『イーガジャケジョロ』セブン&アイ盤 及び ドラマ『残念な夫。』サウンドトラック収録)

 

OK Go - Upside Down & Inside Out

 映像だけで売ってるわけじゃなくて曲もちゃんとたのしい点が大事だと思っています。とはいえついに0Gにまで手を出すとは。メイキング映像ではメンバーが吐いてるところも余すところなく収録。(2014年『Hungry Ghosts』収録)

 

Oscar Peterson Trio - Honey Dripper

 短いですが、ピアノとベースの掛け合いみたいになってる部分が小粋でシビれる。「Honey Dripper」の意味は色々あるようで、ハチミツを瓶からすくう時に使うあの棒のことだったり、恋人のことだったり、プエルトリコ人の蔑称だったり。曲調からして棒っぽいですが果たしてどうでしょうね。

 高校から大学にかけて、図書館にあるジャズのCDを片っ端から借りては取り込みを繰り返し、友人とも “情報交換” をして蓄えを増していったところ、入れたまま聴いていなかった曲がどうしても多く、それがシャッフル機能でコロリと顔を出す……そんなことがよくあります。いち早く 🍎MUSIC みたいなことを仕込んでいたともいえよう。先見性だね。アホか。(1963年『Night Train』収録, Oscar Peterson(p), Ray Brown(b), Ed Thigpen(d))

 

ムーブオンナウ

 「アイカツ!」の曲をある漫画家の方 (動画をごらんください) がカバーというか打ち込んだものらしく、ロックマンエグゼ(GBA)みたいな音色で原曲より好みかも……もちろん、原曲は原曲でもっとオシャレ方向でステキ。とにかくこういうリズムとコード進行が好きなんですきっと。